トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

パックス・アメリカーナ

今年は例年よりもインフルエンザの流行が早いというおぼろげな情報を確かな筋から得ました。朝ズバッ。まさにハザード。
そこで専守防衛を生業とする日本人らしく、僕が生姜を使って至極の一品を作り上げるに至ったのは当然の成り行き。071130_023042

一部専門家の話ではこれが我が脆弱な肉体
のガードポジションを上げることに大きく貢献するのだとか。

| | コメント (1)

復活

トリビアの泉が復活したことを内心うれしく思っています。

そういえば、オシムの後任として岡ちゃんが復活するのだとか。キング・カズがフランスに魂を置いてきてもう何年経つのだろうか。まあ、どうでもいいっちゃいいんですけど1回気になるとどうもいかんですね。調べとこう。

あと最近メディアにスラムダンクの著者である、井上雄彦御大が「リアル」関連で登場しているのをよく見ます。ダ・ヴィンチやBOONに大きく取り上げられていたのですが、割と読みごたえがありました。知らない間にスラムダンク奨学金という制度ができていることも新聞にてチェック済み。なんでも単行本1億冊突破を記念してのものらしい。日本からタブセ君を超える逸材が出る日も近いのでしょうな。しかしながら、個人的にはいつになるかわからないスラムダンクの復活のほうが楽しみです。心の支えです。いつかディフェンスを飛び越えたいです。

| | コメント (0)

事実は小説より奇なり

夜が長い近頃は、それはもうページが進むものでして。ディック・フランシスからコナリー、エルロイと個の強い作家を遍歴してきた僕も最近はジェフ閣下に首ったけでござんす。ジェフ閣下とは「チェルシーテラスへの道」で出会って以来の一方通行的な仲でして、

お気に入りは運命の息子〈上〉 (新潮文庫) なんですけども。是より奇妙な事実はないですよ。ありえないよー。外人並みだよー。

日本人作家ではこっそりと「しゃばけ」なんて読んだりもしてます。が、あんましカッコがつかないので言いたくないですね。 妖しが登場するけども怖くなく、ホラーが苦手でおぼろげな僕にはちょうどいい感じ。とりわけ、重厚なハードボイルドの箸休めにもぴったりという。

| | コメント (0)

東インド会社

1600年に東インド会社が設立されたわけでございますが、なにか?071126_115209_2

てなわけで、ガーリックライスカレーを作りました。見た目ほど旨くはないけども

しかしながら、見栄えがよいですなー。おいしそうですなー。カレーはレトルトが1番ですなー。

| | コメント (2)

お手上げだよ

昨日の負けは今日の勝利への布石。笑)  宝塚記念の3頭で決まると信じて疑わなかった会心の予想とともに臨んだけども・・・。

結果的にまさにその3頭が揃いも揃ってゴールを駆け抜けました。  ④ムーン→②ポップ→⑩サムソンで決着。071125_180358

んー、参ったよ。さすがにJRAの陰謀としか思えない

| | コメント (0)

新規オープン

どーも。このたびは時代の波に乗るためにblogを始めた次第です。ただ何気なく過ごす日常の中にあるしょーもない何かを忘れないように書き綴る所存であります。7割の嘘と3割の作り話で「心があったまる、冬の寒い日のココアのような癒し系のblogにしたい。」っていうおぼろげな目論みもあるけど、それはいわずもがな。

|

トップページ | 2007年12月 »