« 危険人物、此処に意見陳述 | トップページ | 俺の声が聞こえるか »

ドリームノクターン

混んだバスの中で隣りに美人の人が座ってきた。
膝と膝が当たる。
いい匂いがする。
しばらくすると眠ってしまったのか、こっちにもたれてくる。
しばらく肩を貸す。
至福の時。
目が覚めたのか恥ずかしそうに謝ってくる。
変に素っ気ない態度で応じる。
先に降りるあの人は傘を忘れて行った。
渡しに行こうにもすでに道の向こうがわ。
さて、どうしようか。


という状況を一度でいいから経験したい。

|

« 危険人物、此処に意見陳述 | トップページ | 俺の声が聞こえるか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 危険人物、此処に意見陳述 | トップページ | 俺の声が聞こえるか »